*おしらせ [#nfb64c69]

- 2007/09/04: 参加申込ページを開設しました。
- 2007/08/08: プログラムを発表しました。
- 公式URL: http://sigps.tt.tuat.ac.jp/joshin07.html &br;(広報用に使って下さい。)

*趣旨 [#sba0b8f5]

教科「情報」の教員養成について、この分野に関心や経験をお持ちの講演者を招き、シンポジウム形式で議論を行ないます。

** 開催の趣旨 [#q11c54a5]

文部科学省の学習指導要領の改訂により、2002年度から小中学校における情報教育が増強され、さらに2003年度からは高等学校において新教科「情報」が開始された。当委員会は
、この教育課程の改善をわが国の将来に関わる重要な1ステップと捉え、専門的・実践的な見地から情報教育について調査と提言を行ってきた。また、2005年より、高校教科「情報」シンポジウムを開催してきた。

第1回(2005年10月)「高校教科「情報」の現状と将来」は、永井 克昇(文部科学省 初等中等教育局 参事官付教科調査官)氏を基調講演に招き、高等学校における「情報」の教育のあり方、特に現状分析と、将来像を考える議論を行った。このシンポジウムで得られた成果のひとつとして「日本の情報教育・情報処理教育に関する提言2005」がある。これは情報処理学会名で公表され、マスメディア等でも取り上げられることになった。

第2回(2006年10月)「高校教科「情報」シンポジウム2006 −ジョーシン06−」は、情報処理学会「情報」試作教科書の公表を行い、また、石岡 恒憲(大学入試センター)氏を基調講演に招き、高等学校における「情報」と生徒の学習評価、大学入試について議論を行った。このシンポジウムで得られた成果は、2007年6月の「大学入試と情報フォーラム2007」における情報処理学会版「情報」試作問題の発表へとつながった。

我々は高等学校の教科「情報」に関するさまざまな問題について議論を行ってきたが、これらのシンポジウムを通して、主に大学の理工系学科に関連する教員が多い情報処理学会の立場で、高等学校における「情報」の教員免許養成課程について、議論を行う必要があることが明らかになった。

ただし、教員養成課程は、理工系情報の専門職のための課程のみが関わる内容ではない。教育工学、メディア、教育学などを主たる領域とする大学・学部・学科等でも「情報」の教員養成が行われている。それゆえ、情報処理学会の立場のみの独善的なシンポジウムを行うのではなく、関係学会における著名な研究者を招待講演者として招き、さらに現場の高校教員からの報告を含む多様な意見を聞きながら、バランスの取れた議論を行う場になるように計画をするべきである。

以上の理由により、2007年度においてもシンポジウムを開催し、特に高校教科「情報」に関する専門家、初等中等教育の教員を中心とする教育の専門家、教育ソフトウェア・教育コンテンツ作成に関わる企業の専門家の方々の参加を募って、実り多い議論を実現することとしたい。

*概要 [#v4a5d322]
:日時|2007年10月27日(土)10:00〜17:20
:場所|[[早稲田大学大久保キャンパス(理工学部)55号館N棟:http://www.sci.waseda.ac.jp/campus-map/]]&br;東京都新宿区大久保3-4-1
:主催|情報処理学会 情報処理教育委員会([[Web:http://www.ipsj.or.jp/12kyoiku/]])
:共催|情報処理学会 初等中等教育委員会([[Web:http://sigps.tt.tuat.ac.jp/]])
:|情報処理学会 コンピュータと教育研究会([[Web:http://ce.eplang.jp/]])
:後援|文部科学省
:|東京都教育委員会
:|神奈川県教育委員会
:|埼玉県教育委員会
:|千葉県教育委員会
:|群馬県教育委員会
:|栃木県教育委員会
:|茨城県教育委員会
:|教育システム情報学会(JSiSE)
:|日本教育工学会(JSET)
:|コンピュータ利用教育協議会(CIEC)

*参加方法 [#za1889b7]

- [[参加申込ページ:http://sigps.tt.tuat.ac.jp/Joshin07/joshin07ent.html]]を利用して、できるだけ、事前登録をお願いします。

**参加費 [#df8c2e32]

- 2,000円(資料集含む)です。

* プログラム [#ua4e61c0]

講演タイトルは、仮題となっておりますが、確定し次第、正しいものに反映させます。

:10:00〜10:05|開会挨拶など
:10:05〜10:35(基調講演)|中沢 淳一(文部科学省初等中等教育局情報教育調整官)&br;「教育の情報化の推進と文部科学省の取組み」(仮案)
:10:35〜11:05(招待講演)|阿部 圭一(愛知工業大学)&br;高校「情報」教員に望む背景知識
:11:05〜11:35(招待講演)|山西 潤一(富山大学)&br;教科「情報」の教員養成について(仮)
:11:05〜11:35(招待講演)|山西 潤一(富山大学)&br;教科「情報」の問題と教員養成
:11:35〜12:05(意見表明)|五十嵐 誠(神奈川県立横浜清陵総合高等学校)&br;教員養成の必要性とインターンシップを利用した教員育成の実践事例
:12:05〜13:15|昼食休憩
:13:15〜13:45(招待講演)|岡本 敏雄(電気通信大学)&br;国家的人材育成戦略としての情報教育
:13:45〜14:15(招待講演)|堀口 秀嗣(常磐大学)&br;教科「情報」の教員養成について
&br;現職教育、教員養成と教員採用にかかわる問題点
:14:15〜14:45(意見表明)|綾 皓二郎(石巻専修大学)&br;高校教科 「情報」 教員養成の現状と問題点&br;〜 養成課程の部外者からの意見表明 〜
:14:45〜15:15(意見表明)|小原 格(東京都立町田高等学校)&br;教科「情報」の教員養成&br;〜高校現場・大学教職課程での実践から
:15:30〜16:00(意見表明)|辰己 丈夫(東京農工大学)&br;「情報」の教員に求められる能力
:16:00〜17:20(パネルディスカッション)&br; 「情報科教員の養成と現職研修」|コーディネータ&br; 中野 由章(千里金蘭大学)
:|パネリスト&br; 岡本 敏雄(電気通信大学)&br; 堀口 秀嗣(常磐大学)&br; 山西 潤一(富山大学)&br; 筧 捷彦(早稲田大学)

*ジョーシン07 Task Force (実行委員会) [#hba400b8]

奥村 晴彦(三重大)、大岩 元(慶應義塾大)、筧 捷彦(早稲田大)、兼宗 進(一橋大)、久野 靖(筑波大)、辰己 丈夫(東京農工大、&color(#ff0000){TFコーディネータ};)、長 慎也(一橋大)、中野 由章(千里金蘭大)、中森 眞理雄(東京農工大)、並木 美太郎(東京農工大)、西田 知博(大阪学院大)、和田 勉(長野大)

//:&color(red){直接会場へお越し下さい。};|
//:資料代|2,000円
//**資料集の入手方法 [#yb07415e]
//+先ず,代金をお振り込み下さい。
//--振込口座
//---三井住友銀行 本店営業部 普通 4745693 情報処理学会CE研
//--金額
//---2,000円/冊(送料は当方で負担します)
//--振込手数料
//---ご負担願います。
//+次に,電子メールでお申し込み下さい。
//--宛先
//---joshin07 あっと s5.tt.tuat.ac.jp
//--件名
//---ジョーシン07資料集申込
//--本文
//---お名前
//---〒
//---送付先ご住所
//---会社名/学校名
//---E-mailアドレス
//---購入部数
//+資料集は,ご入金が確認でき次第,発送致します。

*問い合わせ先 [#v5596b1c]
:担当|ジョーシン07 Task Force
:電子メールにてお問い合わせ下さい。|メールアドレス:joshin07info「あっと」ce.tt.tuat.ac.jp